オフィスチェアの種類には何がある?用途に合わせた『椅子の選び方』を解説!

オフィスチェアの種類には何がある?用途に合わせた『椅子の選び方』を解説!

そもそもオフィスチェアとは?

オフィスにおいて主に用いられるチェアには、事務作業のために使用する執務用チェア(タスクチェア)、会議・打ち合わせのために使用するミーティングチェア、応接用として使用するソファなど大きく分けて3種類があります。

一般的にオフィスチェアといわれる物はタスクチェアや回転イスなどのことをさし、事務用で利用されている椅子のことをオフィスチェアと認識されております。

オフィスチェアは、執務作業中のユーザーにとって 「長時間のデスクワークに適した椅子」 であり、ユーザーの姿勢を正しく保つために多くの機能が備わっており、耐久性のある素材をもとに長時間座っても疲れにくいよう工夫されているといった、「快適性と体のサポート」を重視して設計されております。

オフィスチェアの導入は 「業務効率化」 はもちろん、長時間のデスクワークが原因とされる腰痛や肩こりなどの身体的な問題を予防し、健康的な働き方につながり、長期的な健康管理といった面でも効果的です。

関連記事:『【業務効率UP 】オフィスチェアって何?定義や一般的なイスとの違いを解説!』

オフィスチェアの種類は大きく分けて4つ!

オフィスチェア(タスクチェア)

・マネージャーチェア

・メッシュタイプ

・ゲーミングチェア

一般的にオフィスチェアといわれる物はタスクチェアや回転イスのことをさし、事務で利用される椅子のことをオフィスチェアと認識されています。
もちろん、オフィスチェアといっても種類は様々で価格や用途に合わせて選ぶことによって、普段の執務作業での疲労が少なくなり、集中して仕事ができるようなります。

執務作業で肩こりや腰痛などでお悩みの方は是非執務作業に合ったオフィスチェアを
選んでください。

参考:【業務効率UP 】オフィスチェアって何?定義や一般的なイスとの違いを解説!

オフィスチェアの座面の種類

・ウレタンフォーム

モールドウレタン

3Dモールドウレタン

メッシュ

オフィスチェアの座面は大きく分けて4種類の座面があります。
座面はオフィスチェアの座り心地を決める大部分になります、座り心地を高める為、様々な形状や硬さの物があります。

 

オフィスチェアの張地の種類

・布(ファブリック)

・メッシュ

・本革(レザー)

・PCVレザー(合皮)

オフィスチェアに採用されるチェアは様々なものがあります、座り心地や色のバリエーションが豊富なファブリックタイプの物が多くありますが、
使用する場面が水気の多い場所の場合はレザータイプの張地を選ぶとお手入れが少なくて済みます。

オフィスチェアの高さと種類

・ローバック

コンパクトで圧迫感がない。

・ミドルバック

程よい座り心地で一番スタンダードなタイプ

・ハイバック

リラックスできるが設置スペースが必要

オフィスチェアの背もたれはコンパクトなタイプ~大きなタイプがあります。
ゆったりと座れるチェアやマネージャーチェアはリラックス出来る分、設置スペースが必要になりますが、コンパクトタイプのチェアは設置スペースが少なく済むのが特徴になります。

オフィスチェアのメカの種類

・上下昇降機能

・背ロッキング機能

・背座一体ロッキング

・オートバランスロッキング

・シンクロロッキング

・ニーチルドロッキング

オフィスチェアの一番重要な部分の可動部分になります。
比較的安価な製品の可動は最低限になりますが、高価な製品は細かな調整ができ、無理のない執務姿勢をサポートしてくれるので、執務作業時の負担を少なくしてくれます。

オフィスチェアの機能と種類

・ヘッドレスト

・ハンガー

・固定肘

・可動肘

・ランバーサポート

・フットレスト

基本的なオフィスチェアは椅子本体だけになりますが、ほとんどのオフィスチェアはオプションでアームレストやヘッドレストなどをオプションで取り付ける事ができます。
最近では、初めからアームレストやヘッドレストが付いている物も多く見かけるようになりました。

オフィスチェアの脚部の種類

・4本脚

・5本脚

・アルミダイキャスト脚

オフィスチェアの脚部分は転倒しないよう安定性のある5本脚が支流になります。

物によっては4本脚の物もありますが、5本脚と比べると安定性が少なくなりますが、4本脚の方が邪魔にならず一般家庭などに向いております。その他にも、高級感のあるアルミダイキャスト製の物があります。

オフィスチェアのキャスターの種類と特徴

・ナイロンキャスター
カーペットに適している。

・ウレタンキャスター
フローリングに適している

・ゴムキャスター
コンクリートなどに適している

・テンション(固定脚)
移動しない場合に向いている。

オフィスチェアのキャスター部分ですが基本的にはナイロンキャスターかウレタンキャスターが支流です。
オフィスチェアのキャスターは取り換え可能で、キャスターだけで販売していたりもします。
また、キャスターの径(大きさ)も様々ですが基本的には大きいキャスターは可動性が高く移動が楽に行えます。逆に小径のキャスターは可動性が低いが見た目のデザイン性は高くなる傾向にあります。

オフィスチェアに求める機能は?

長時間のデスクワークを想定したオフィスチェアには「体の負担を軽減する」目的だけでなく「作業効率化」を目的としたものなど様々な機能が備わっています。
基本的なものでいえば「シートの高さ調整」「リクライニング・ロッキング」「回転・キャスター」など、業務効率化に欠かせない機能から、「ランバーサポート」「アームレスト調整」「通気性の高い素材」などといったデスクワーカーに特化した機能までさまざまです。
もちろん機能・性能が高いほど価格も高価になりがちですので、どんな作業を行う際のイスなのか?を踏まえて、機能と価格のバランスをとるようにしましょう!
下記記事では「オフィスチェアに求める6つの機能」についてより詳しく解説していますので、こちらもあわせてご覧ください!
参考:『【買替え必見!】オフィスチェアに求める『機能』を専門家が解説!』

【【種類別】業務効率化に最適なオフィスチェア3選!

「1~2万円」の価格帯のオフィスチェア

ワークチェア オフィスチェア OCQ23

ワークチェア OCQ23

シートの昇降機能とキャスター・回転機能を備えており、オフィスチェアとして基本的な機能を網羅した商品です。加えて「背面チルト」による簡単なロッキング機能を持っています。

この製品を見る >

 

「2~4万円」の価格帯のオフィスチェア

ゲーミングチェア ファブリックチェア wisteria GCV33

ゲーミングチェア Wisteria GCV33

ランバーサポートや調整可能なヘッド・フット・アームレストを装備し、多様な体格を想定した座面調整機能が充実しています。可動域の広いリクライニング機能も魅力的です。

この製品を見る >

 

「5万円以上」の価格帯のオフィスチェア

オフィスチェア ワークチェア OCV21SF

オフィスチェア OCV21SF

これまでの機能に加え、通気性に優れたメッシュ素材を採用し、ロッキング機能やスイング機能などでちょっとした動きをサポートするなど、より長時間の使用を想定されたオフィスチェアになります。

この製品を見る >

 

コラムに戻る